7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

7つの習慣 コラム

第15回_第4の習慣「Win-Winを考える」その2 〜人間関係における「Win‐Win」とは?〜


■相手を大事に思うなら、その人にとって大事なことをあなたは大事に思わなければならない       − スティーブン・ R ・コヴィー ー               

組織のリーダーがメンバーとのWin-Winを考える

組織のリーダーのあり方について紹介します。
リーダーはメンバーを尊重して、 共に協力し成長する姿勢が求められます。
そのためにはリーダー自身の自立が問われてきます。

        
   
  
言動一致、誠実な行動、相手を敬うことが出来るリーダーにはメンバーも信頼して組織の成長に貢献してくれます。
下図は2人のリーダーを比較しています。

 
自分自身をマネジメントせずに、メンバーをマネジメントすることに必死になってるリーダーに、メンバーは信頼してついていくでしょうか?
結果ばかりを求めているリーダーを目の当たりにしているメンバーたちも、自分自身のWinを得ることが目的になるのではないでしょうか?

メンバーが安心して、大切な利害関係者とWin-Winを考えられる環境を作り上げるのが、リーダーの真の役割です。

●次ページへ:第16回コラム第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」その1〜「相手の話を聞く、気持ちを汲む」とは?〜       
●前ページへ:第14回コラム第4の習慣「Win-Winを考える」その1 〜「思いやりと勇気」とは?〜
●7つの習慣コラムTOPへ戻る

 
*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。