7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

第五回 コラム

「信頼残高」

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
HRDソリューションBU コヴィーグループ
森 良枝
■「信頼残高」とは?

銀行口座にお金の預け入れを重ねていけば残高はプラスになり、引き出しをすればマイナスになります。
人間関係も銀行口座と同じです。相手との信頼関係において預け入れも引き出しもあるのです。
この人間関係における信頼の度合いを「信頼残高」と呼びます。
大切な相手との信頼口座はマイナス?  あるいはプラス?
信頼の引き出しは簡単です。しかし預け入れは日々コツコツと積み重ねていくしかありません。

“あっ、ちょっとこの考え方使えるな”、と思ったら・・・
ぜひ、お仕事やプライベートなどで活用してみてはいかがでしょうか?

信頼残高

私たちは自分名義の信頼口座を開設しています。100人と付き合っていれば、100の信頼口座があります。
信頼口座の取引明細は、「自分が相手に言ったこと」「行ったこと」です。
信頼を得ることをすれば預け入れ(プラス)となり、信頼を損なうことをすれば引き出し(マイナス)となります。
皆さんの口座の残高はどうなっているでしょうか?

もう少し信頼口座についてわかりやすく示したのが下記の表です。

■信頼口座
信頼口座

例えば「約束を守る」ということを考えてみましょう。小さな約束をひとつひとつ守ることで信頼されるようになり、残高が貯まっていきます。ここで大事なことは「都合が良いから約束を守れる」のではなく、むしろ都合が悪くなった(悪くなりそうな)場合に、約束を守り通すことができるかということです。これが本当の信頼の預け入れとなるのです。

また、「謝る」ということを考えてみましょう。人は誰でもミスを犯します。ミスそのものも信頼の引き出しかもしれません。しかし、プライドを捨てて、自分のミスを正直に認め、誠実に謝ることは、実は信頼の預け入れなのです。最もやってはいけないこと、それはミスを犯した時にそのミスを隠す行為です。人は一度目のミスは許してくれますが、ミスを隠し、隠し通そうとすれば、周囲の信頼は一気に引き出しになります。数々の企業の不祥事もしかりですね。「7つの習慣」の著者であるコヴィー博士は次のように言っています。行動で作った問題は、言葉では解決できないと。

皆さん、ここでちょっと日常を振り返ってみてはいかがですか?
「心のポーズボタン  信頼残高編」

質問

1

  一番大切な人を思い浮かべてください。その人との信頼残高は「プラス」ですか?

 

  「マイナス」ですか?

質問

2

  一番最近やってしまった信頼の引き出しはどんなことですか?

 

  その時、どんな気持ちになりましたか?

 

よろしければ、下記のアンケートフォームへご意見、ご感想をお寄せください。

今回の記事について、アンケートにご協力お願いします。

     

よろしければご感想やご意見をお書きください

*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。

COVEY メールマガジン登録

導入事例やコラム、セミナー案内など「7つの習慣®」情報が満載! メルマガ登録・サンプル確認はこちらから

今すぐ登録する

Page Top