7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

7つの習慣 コラム

第13回 _ 信頼口座 〜「より良い人間関係を築く」とは?〜


■行動でつくった問題は、言菓で解決することができない

 
お金の預け入れを重ねていけば残高はプラスになり、引き出しをすればマイナスになります。
私たちは自分名義の信頼口座を開設しています。100人の知り合いがいれば100の信頼口座があります。

皆さんの大切な人の「信頼口座の残高」はいかがでしょうか?

十分な余裕があるか、ギリギリか・・・マイナスか、まさか破綻状態って事態になっていませんか?
信頼口座の取引明細は、「自分が相手に言ったこと」「行ったこと」です。
信頼を得ることをすれば預け入れ(プラス)、信頼を損なうことをすれば引き出し(マイナス)となります。

信頼の引き出しは簡単です。しかし預け入れは日々コツコツと積み重ねていくしかありません。


「約束を守る」ということを考えてみましょう。

小さな約束をひとつひとつ守ることは、小さな信頼の預け入れです。確実に残高が増えます。
「都合が良いから約束を守れる」のではなく、都合が悪くなった(悪くなりそうな)
時に直面しても、誠実に相手のことを思い、約束を守りきることは大きな信頼の預け入れになります。

「謝る」ということを考えてみましょう。

人は誰でもミスを犯します。ミスをしてしまうことは、信頼の引き出しかもしれません。
しかし、プライドを捨てて、自分のミスを正直に認め、誠実に謝ること、それは信頼の預け入れなのです。

最もやってはいけないことは、犯したミスを隠す行為です。
一度目のミスは許してもらえるかもしれません。
ミスを隠し、さらに隠し通そうとすれば、その人との信頼口座だけではなく、
残り99人の信頼口座も一気にマイナスになります。

  
  
●次ページへ:第14回 第4の習慣「Win-Winを考える」その1 〜「思いやりと勇気」とは?〜      
●前ページへ:第12回 自立している人は? 〜ある人の実践例〜
●7つの習慣コラムTOPへ戻る

 
*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。