7つの習慣とは

7つの習慣とは

当時米国の大学教授であったスティーブン.R.コヴィー博士は、米国の建国以来200年間に書かれた成功に関する著作物を調査し、その結果、成功に関する共通点を導き出しました。その調査を集大成としてまとめたのが、書籍「7つの習慣−成功には原則があった!」(原題:The Seven Habits of Highly Effective People)です。

  • 1989年の発売以来、3,000万部以上を売り上げている大ベストセラー。
  • 日本でも1996年に発売され、180万部を突破。
  • 世界35ヶ国語に翻訳され、多くの人々の愛読書に。

書籍の内容はリーダーシップ・トレーニングとしても開発され、組織変革や自己変革を目的に世界60ヶ国以上で導入されています。

「7つの習慣」は、個人がセルフリーダーシップを発揮し、組織が人間関係の中で相乗効果を発揮していくためのプロセスです

“個人”の自立を促す要素は第1の習慣から第3の習慣に、
“人間関係”を駆使してチームや組織の効果を生み出す要素は、
第4の習慣から第6の習慣に集約されています。
こうして体系的に構造化されているのが「7つの習慣」です。

このような内容を学習します

各習慣で学習するポイントは以下の通りです。各習慣は相互関連しており、わかりやすく体系化されています。

●各習慣で「実践」できるようになること

第1の習慣 主体的である
自ら選択し、その結果に対する責任を持ち、自分自身から影響を及ぼしていく。
第2の習慣 終わりを思い描いてからはじめる
行動する前に、自分自身の価値観に基づいた方向性や目的を見出す。
第3の習慣 最優先事項を優先する
自分自身の方向性に基づき、重要な事柄を優先しながら計画を立て実行する。
第4の習慣 Win-Winを考える
常に相互の利益を求めるスタンスで、長期的な人間関係を構築する。
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
先ず相手を理解するよう努め、その後で自分を理解してもらうことで、コミュニケーションの質を高める。
第6の習慣 シナジーを創り出す
多様性を活かし、創造的に協力することで、革新的な解決策を生み出す。
第7の習慣 刃を研ぐ
肉体・知性・精神・情緒の側面を定期的に磨き、モチベーションと活力を向上する。

プログラムのねらいは「個人と人間関係において真の効果性を高める」こと

「7つの習慣」は、組織のファンデーションづくりに最適です。アプリケーション(応用)や今後のトレーニング、制度をスムーズに機能させるためのベースづくりとしてご活用いただいているケースが多くあります。以下は導入目的の一例です。

  • 環境の変化に対応したパラダイム(ものの見方、考え方)転換の必要性を理解する。
  • 自立(自律)と自己責任の考え方を理解し、具体的に行動できるようにする。
  • 個人のミッション(人生目的)を明確にし、組織ミッションとの整合性を図る。
  • 自立した個の集団として、最大限の成果を生み出す態度、スキルを習得する。

など

「7つの習慣」シリーズの特徴

  • ●短期的な結果を出すためのスキルではなく、長期的、継続的に望む結果を得られるようなパラダイム(ものの見方)を提供し、変化に直面した個人が自ら考え、行動に移せるような内発的動機を育てます。
  • ●組織を構成しているのは一人ひとりの個人です。「7つの習慣」シリーズの各プログラムでは、個人の変革がチームや組織に影響を及ぼすと考えるインサイドアウトのアプローチを提唱しています。
  • ●エクササイズやゲーム、ロールプレイなどを盛り込み、五感をフル活用させる独自のワークショップスタイルです。

  • ●深い理解とパラダイム転換を促すために豊富な映像教材を取り揃えています。感動的な短編ストーリーやスティーブン・R.コヴィー博士によるレクチャー映像など、印象的なメッセージ映像によりトレーニング効果を高めます。
  • ●公開コース、講師派遣に限らず、社内ファシリテーターを養成していただき、自社内展開をしていただくことも可能です。
  • ※一部、社内ファシリテーター養成を実施していないコースもございます。詳しくはお問い合わせください。

COVEY メールマガジン登録

導入事例やコラム、セミナー案内など「7つの習慣®」情報が満載! メルマガ登録・サンプル確認はこちらから

今すぐ登録する

Page Top