社会貢献と人材育成を同時実現するアクティブラーニング | カタリ場研修

非日常の体験から自己理解を深め、主体的なチャレンジを定めることができるアクティブラーニングです。

サービス名

カタリ場研修

対 象

全てのビジネスパーソン

対応テーマ

キャリア自律

日 程

1日×3回(通い)

推奨受講人数

12名

実施形態

・講師派遣

外国語対応

なし

実施料金

お問い合わせください

課題

●外部の視点や多様な価値観に触れ、慣性を乗り越えて新しいチャレンジに向けた決意や行動を促したい
●これまでの経験の棚卸しや、自身のコミュニケーションのふりかえりを行い、今後のキャリアの指針を明らかにしたい
●立場・役割を外した「個人」として他者と向き合うことで、組織・職場に対する影響力を高めたい

概要・特長

カタリ場研修とは、出張授業「カタリ場」を中心とした3ステップの研修です。
日常を離れて教育現場へ飛び込み、仕事上の肩書きを外して、高校生との対話・キャリア支援に臨みます。
高校生に対して提供する「自分の特徴と向き合い、主体的な選択をする」プロセスを、参加者が自らにも当てはめて内省し、日常でのチャレンジを定めます。

(1)事前プログラム
自身の経験や特徴と向き合い、出張授業本番に臨むためのマインドセットと思考整理を行います。
初対面の高校生の本音を引き出すため、自身の経験の棚卸しや判断・行動の基準を言語化します。

(2)出張授業本番
高校生のやる気を引き出すことを目標に、高校生の話に耳を傾け、親や先生には日ごろ話せない悩みや考えを引き出します。
高校生の特徴を深く理解したうえで、視野を広げて主体的な選択ができるよう働きかけます。

(3)事後プログラム
出張授業での生徒の変化やその理由から、自身のコミュニケーションの特徴について考えます。
自分の判断や行動の特徴を自覚したうえで、日常でのチャレンジを主体的に選択します。

受講者の声

  • ●高校生の本音を引き出そうとする中で、なぜ人は普段から本音で語り合えないのだろう、という疑問が自分の中に生まれた。自分のコミュニケーションのとり方や人へのかかわり方を見直すことができた
    ●「属性をはずして一人ひとりを見る」ことで、普段の自分のコミュニケーションへのフィードバックがかかった。自身のビジョン実現に向けて、エネルギーをもらうことができた
    ●生徒が感じている「常識」「固定観念」を整理したときに、自分も一緒だと気づいた。生徒に語りかけている言葉は、自分に言い聞かせている部分でもあった。それを乗り越えるために、具体的な行動をとっていきたい

研修プログラム

・本プログラムは認定特定非営利活動法人カタリバとの提携サービスです。プログラムの運営は、カタリバの講師が行います
・プログラムはあくまで一例です。対象校の都合や研修運営の状況によってタイムテーブルが変更になることがあります
・全1日間×3回のプログラムすべてに参加できることが参加条件です
・高校での出張授業への参加にあたっては、ドレスコードなどの順守にご協力いただく場合があります

お問い合わせ

関連する記事

お役立ち情報

「サービス」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top