研究開発マネジメント変革セミナー研究所の将来テーマ創出力向上〜研究開発者の意欲とコミュニケーションの視点から〜取り組み事例紹介セミナー

開催場所 田町、 大阪(梅田) 開催日程 11月21日、 11月26日
対象者 中堅〜大手 研究開発、事業のご責任者

「研究所の戦略推進力向上」に悩む企業の責任者の方に、解決の糸口とヒントを、長年の実践で得た知見と成果に至った事例を交えてご紹介します。

残席確認・お申し込み

このセミナーでわかること

研究所の戦略推進の捉え方と処方箋

開催日・日程

詳細

グローバルで勝ち抜くことが求められるようになった現在、多くの企業で研究開発部隊に将来テーマ創出への期待・要望が高まってきています。

「現場からの改善・改良レベルの要望に忙殺される」「何があたるか先が読めない」「人員に限りがあり、当面と戦略推進の両立が難しい」など、
研究所が将来テーマに取り組むには多くの障壁が立ちはだかっています。
そして、同じような厳しい現実の中にありながらも、着々と将来テーマ(戦略的な開発)への仕込みが進む組織とそうでない組織があるのも事実です。


弊社では15年以上前からこの問題にアプローチをし、少なからず喜んでいただく成果を出せるようになりました。
今回は長年の実践で得た知見を交え、成果に至った事例を紹介させていただきます。『研究所の戦略推進力向上』に悩む企業の
ご責任者の皆様に解決の糸口、ヒントをご提供できればと思っております。

〜下記の中にご関心の高い項目がありましたら是非ご参加ください〜

 1.戦略・方向性は描いたが、このままだと当面に追われて絵に描いた餅になってしまう。

 2.研究部隊の開発側、事業側へのアプローチが弱い・・・・・諦めが早い・・・・・。

 3.役員が部長レベル、部長が課長レベル、課長が現場レベルの仕事に忙殺され、将来テーマが進まない。

 4.管理職の関心が当面の各論に集中し、どうしても先々のテーマが後回しになりがち。

 5.現場が当面の開発に追われるばかりで、将来テーマの仕込みが進まない。

 6.現場からの将来テーマ推進の提案が上がってこない。

講師プロフィール

株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリング

エグゼクティブコミュニケーションエンジニア

橘 雅範(たちばな まさのり)

開催日程

ご希望の日時を選び、「お申し込み」ボタンを押してください。
開催場所・開催月を選択すると、その条件に合ったセミナーが表示されます。

開催場所

田町 | 大阪(梅田)

開催月

11月 | 12月 | 1月

申し込みリスト一覧へ

※申し込みリストにいれた複数のセミナーをまとめてお申し込みいただけます。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top