〜リクルートが考える、web×研修 ブレンド型ラーニング〜新任マネジャーの立ち上がりを半年間サポート!

対象者 現状MBCの取引がある顧客と新規顧客

昨今、企業の管理職・マネージャーの負荷はますます重くなり、求められる役割も難しくなってきています。一方ですぐに管理職としての活躍が求められるのが現状です。そのような状況に対応した新しいマネジメントトレーニング(管理職研修)をご紹介いたします。

このセミナーでわかること

昨今の管理職の置かれている状況・求められていること・課題

新サービス「M-BT」について施策内容

既に実施頂いた企業様・受講生様の声

プログラム

プログラム
・ 今、マネジャー(管理職)が育ちにくい理由
・ M-BT(Management Basic Training)のご案内
・ マネジャーが成長するメカニズム
・ M-BT導入企業の声

詳細

今のマネジャー(管理職)は、自分もプレイヤーとしての業務を抱えながら、メンバーマネジメントも行わなければなりません。また「戦略テーマをどう達成するか?」、「組織として多量の業務を抱えながらも働き方改革をどう推進するか?」、「多様な働き方や価値観をもったメンバーの意欲をどう引き出し、どう育てるか?」といった課題に現場の要として取り組まなければなりません。

しかし、マネジャーに求められる期待が高まり、その難度も高くなっている一方で、マネジャー本人は十分に育っているでしょうか?

残念ながら、多くのマネジャーが「プレイヤーからマネジャーへの段差」をうまく乗り越えられず、マネジメント業務への適応に課題を抱えていると考えられます。

・では、何故、このような状況が生まれてしまうのか?
・成長するマネジャーは何を実行しているのか?
・マネジャーの成長を支援するために企業はどんな支援をすべきか?

本セミナーでは上記の疑問にお答えしながら、1つの処方箋として弊社の新サービス「M-BT」のご紹介をします。

「M-BT」は、弊社が40年以上磨き続けたマネジメントトレーニングの技術・知識と、テクノロジーの活用により、マネジャー(管理職)の早期育成を支援するトレーニングサービスです。
従来のような「研修単発」の施策ではなく、研修前のWEBラーニングと、研修後の経験学習支援サービスを併せて実施することで、学習効率と職場での実践確度を高め、マネジメントの基本知識の習得とスムーズな立ち上がりを実現します。
セミナー当日は内容をご理解いただくために、トレーニングの一部体験も予定しております。

講師プロフィール

■研修開発責任者 石橋 慶

2005年入社。ソリューションプランナーとして、幅広い業種・規模の企業に対し、人材採用・人材開発・組織開発を行う。
2012年よりミドルマネジメント領域の調査研究およびトレーニングの商品企画・開発に従事。
主な論文
「新任管理職の適応に影響を及ぼす要因の検討」(産業・組織心理学会第32回大会 2016年9月)

■人材開発トレーナー 齋藤 芳明 (さいとう よしあき)

プロフィール:
1996年に大学卒業と同時に、大手通信企業に入社。入社後3年間、法人営業部門のシステムエンジニアとしてシステム構築を経験。その後、本社営業部門で新商品開発を担当する。
2001年より大手金融機関に転職し、国内営業店ネットワークのブロードバンド化プロジェクト、海外ネットワークの再構築プロジェクトなどをプロジェクトマネジャーとして担当する。
2007年よりリクルートマネジメントソリューションズにて、マネジメント層向けの研修プログラムの開発、トレーナー養成プログラムの開発を担当する。その後、トレーナーとなり現在に至る。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top