プロジェクトマネジメントのプロが語る業務改善の秘訣とは生産性向上につながる仕事の進め方と定着のポイント

対象者 生産性向上や働き方改革に取り組まれているご責任者様・ご担当者様

「働き方改革」の号令のもと、日本企業にとっては生産性向上が重要なテーマとなっています。本セミナーでは、生産性向上の課題を捉えながら、具体的な業務改善のポイントをご紹介します。(実際の研修で取り扱う演習の一部をご体験頂けます)

このセミナーでわかること

生産性向上の課題

プロジェクトマネジメント手法

成功ポイントとなる仕事の改善サイクル

プログラム

■生産性向上のために必要なこと
■トレノケートが考える生産性向上の秘訣
■失敗してしまう仕事の進め方とは 〜生産性を阻害する要因
■「仕事の標準化」こそが生産性向上に繋がる 〜プロジェクトマネジメントの手法とは
■標準化した仕事を「定着化」させるためのポイント 〜成功のポイントは「Small Start」と「改善サイクル」

*プログラムの内容は予告なく変更となる可能性があります

詳細

近年、複雑で非定型な企画型業務、プロジェクト型業務の仕事が増加しつつあります。
つまり、明確な指示のもとに、仕事を忠実にこなすだけではなく、
環境変化に適応しながら、自ら思考・判断しながら仕事を進める必要に迫られているといえます。

そのような環境下において、生産性向上とはどのようなことでしょうか?
あるいは、どのように生産性向上を実現すればよいでしょうか?

本セミナーでは、プロジェクトマネジメント研修やコンサルティングに実績のある
トレノケート(2017年10月、グローバルナレッジネットワークより社名変更)の考える「生産性向上の秘訣」と「具体的な手法」の紹介を中心に、
皆様と一緒に「仕事の進め方改善」について考えてみたいと思います。


▼このような課題をお持ちの方はぜひご参加ください
 ・「働き方改革」「生産性向上」を推進しなければならないが、何から手をつけたらよいかわからない
 ・生産性を高めるためには、各人の業務遂行スキルを上げる以外にどのような施策があるのか?
 ・生産性を高める施策を実施したとしても、それが有効かの判断がつかない
 ・業務改善の必要性は認識しているが、みんなの日々の業務で手一杯
 ・理屈はわかるが、実際に進めるのは困難。膨大な負担もかかるので、結局施策が進まない



<トレノケート株式会社について>
トレノケートグループは、アジア8カ国で事業を展開する「グローバルIT人材育成のリーディングカンパニー」です。
20年以上にわたる豊富な経験と実績、世界で活躍する人材に向けたビジネストレーニングと、さまざまな技術分野のITトレーニングを開発・ご提供をしています。

2017年10月より、グルーバルナレッジネットワーク株式会社は、トレノケート株式会社へ社名を変更しました。
「トレノケート」とは人材育成のコアである"Training"と、先導者、提唱者を意味する"Advocate"を合わせた造語です。

講師プロフィール

都川 信和(みやこがわ のぶかず)
トレノケート株式会社 人材育成コンサルタント
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ/国家資格キャリアコンサルタント

システムインテグレーターにて、システムの開発・運用、データセンターサービスの企画・設計、運用コンサルティング、新規サービス開発のプロジェクトマネジャー、サービス部門・運用部門のマネジメント等、20年間で数多くのシステム開発・運用の現場に携わる。
2013年より現職。ビジネススキル研修、IT技術研修の講師として、ITエンジニアの育成に力を注いでいる。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top