〜自ら課題を設定し、自律的に動くリーダー育成〜ものづくり力強化につながる問題発見力・課題解決力とは?

対象者 人事および人材開発部門の責任者、事業ライン企画部門の責任者

本セミナーでは、単なる知識ではなく、実践で使える課題解決スキルの提供に取り組まれている株式会社HRインスティテュートのコンサルタントをお招きし、組織の課題解決と人材育成を同時に実現するプログラムについてご紹介します

このセミナーでわかること

社内外環境の変化に伴う、人材開発課題の潮流

問題発見力・問題解決力とは何か

仕事を動かす課題設定の仕方 〜自ら考え動き、問題を解決するために

プログラム

■なぜ今“問題発見・課題解決”なのか
■机上空論に終わらない「真の課題解決」とは
■「課題解決研修」のご紹介
*プログラムの内容は予告なく変更となる可能性があります

詳細

今、ものづくりの現場では、職場や関係部署にまたがる課題の解決が期待されています。
つまり、明確な指示のもとに、仕事を忠実にこなすだけではなく、
環境変化に適応しながら、自ら思考・判断しながら仕事を進める必要に迫られているといえます。

しかし現場では、「問題提起をしてこない」、「根本的な解決策を考えられない」、「単なる批判や評論になっている」
など課題解決力の不足が多く指摘されます。

本セミナーでは、机上の空論ではないコンサルティングに実績のあるHRインスティテュートの考える課題解決の手法を中心にご紹介いたします、
企業における登壇経験豊富な講師によるセッションの一部を是非、ご体験ください

▼このような課題をお持ちの方はぜひご参加ください

・問題を的確に捉えて解決に繋げられる社員を育成したい
・自ら課題を解決していく強い現場を作りたい
・マネジャーになる前に、基礎的な力として課題解決力を身につけさせたい
・「課題解決研修」は自社でもやっているが、現場でなかなか使えるようにならない

<株式会社HRインスティテュートについて>
「主体性を挽き出す」という企業理念に基づいて、企業の経営力、チーム力、社員の個人スキル(人材育成)の強化を支援するコンサルティング会社。
そこで培ったナレッジをまとめた書籍も110冊以上出版。

講師プロフィール

株式会社HRインスティテュート
コンサルタント 塚田 泰弘(つかだ やすひろ)

B to C商材の営業、商品企画、販促・プロモーション、関係会社の業務管理など幅広い業務を担当。
労働組合の執行役員として、社員向け宣伝・教育活動にも従事。
プライベートでは養護施設における家庭教師やキャリアカウンセラー向けのスキルアップトレーニング幹事長などでも活動。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top