人生100年時代の働き方とキャリア 組織行動研究所

「人生100年時代」ということが言われるようになり、人々の労働とキャリアは変化の時を迎えています。
働く個人や企業が、これからの働き方や個と組織の関係性を考える際に、参考としていただけるような知見を収集しています。

これからの「働く」を考える

寿命が長くなることにともない、就労する期間は長期化することが予想されます。一方で、人工知能技術やロボット技術の進展の影響で一つひとつの仕事の寿命は短くなると考えられます。そのようなことを勘案すると、ひとつの会社を定年まで勤め上げるというモデルは成り立たなくなるでしょう。複数の会社や仕事に従事することが当たり前になるでしょう。ここでは、以上のような状況を見すえて、「働く」ということについて、様々な視点を投げかけ、「働く」ということを考えていきます。

機関誌

論文

インタビュー

「個と組織を生かす」働き方改革

労働基準法の制定から70年、日本の社会的・経済的な背景は様変わりしました。働く時間や場所を長時間・長期間、共にする働き方だけでは、個人の幸福も、企業の持続的成長も、実現することが難しくなっています。個人の生き方や、より柔軟な働き方を尊重しつつ、同時に、多様な人材の力を引き出す組織マネジメントが求められています。個と組織の新しい関係性を、働き方の観点から模索します。

連載

論文

特設サイト

シニア層の活躍に向けて

高齢化が進むなか、シニアの活躍は社会問題解決の重要なキーとなります。働く個人は、これまで経験したことのない就労の長期化に対処するため、必要に応じたキャリアへの転換や、学び続けることが必要になると考えられます。そのために、個人や企業が活用できる研究知見の紹介を行います。

機関誌

連載

論文

インタビュー

特設サイト

記事のキーワード検索
Page Top