人はどうやって経験から学ぶのか 組織行動研究所

大人にとって、自らの経験を通じて学び、変化していくことはとても重要なことです。
「企業人の学び」の領域をより深く理解し、実践に生きる知恵を得るべく、人が仕事内・外の経験から、何を、どのように学ぶのかを研究し続けています。

仕事外領域への「越境」からの学び

人は労働者である以前に、その人固有の人生を生き、生活しています。人がより全人的に生き、そして、よりよく働いていくために、仕事外領域における経験とのバランスと、学びの循環を探求しています。
また、人は、過去の経験や、過ごしてきた文化によって形成された、狭い前提にとらわれやすい生き物です。仕事外領域への「越境」は、狭い前提から抜け出すヒントを探ります。

機関誌

連載

書籍・レポート

人事データ活用入門

経験から学んだ結果としての持論

働く人の「持論」の研究を、経験から何を、どのように学ぶのかを知るために行っています。「持論」は、言語化でき、個人にユニークで、当人が価値を置くものと定義しています。このような持論の形成過程、持論の特徴、持論活用の仕方、持論の修正・変更などについて、これまでの研究成果をご報告しつつ、より効果的な経験からの学び方について考えます。

連載

データサイエンスで個と組織を生かす

論文

調査

書籍・レポート

インタビュー

特設サイト

企業のなかにおける経験学習

人は経験によって学んでいきます。一方で、企業のなかには、たくさんの仕事経験があります。時間が限られているなかで、社員に成長させようと考えれば、適切な人に適切なタイミングで適切な仕事経験を付与することが大切であると考えています。ここでは、経験によって成長していった事例研究を蓄積するとともに、企業のなかで、経験学習を促進するための知見や実践を蓄積していきます。

連載

「なぜ大人は若者から学べないのか?(オトマナ)プロジェクト」

論文

  • 2018年12月

書籍・レポート

インタビュー

特設サイト

記事のキーワード検索