東京2020パラリンピックの成功に向けて、パラレルな個性と向き合う機会を創出
ダイバーシティを促進する 企業向け新研修「パラバディ研修」
パラリンピックスポーツの紹介を取り入れた座学と、ゲーム要素のある障がい者体験の組み合わせで、深い理解へ

2018年08月22日

 株式会社リクルートの関連会社であり、企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤島敬太郎、以下当社)は、来る東京2020パラリンピックの成功に向けた支援策の一環として、障がい者理解およびパラリンピックスポーツへの興味関心と観戦意向を高めるべく、ダイバーシティを促進する企業向け新研修「パラバディ研修」を監修しました。


【パラバディ研修の背景】
東京2020大会は、同一都市で2回目のパラリンピックを開催する初めての大会として、大会そのものの成功はもちろんのこと、障がい者の社会参加の促進やダイバーシティの推進を図ることを目指しています。
ロンドン2012、リオ2016の過去2回のパラリンピックでは、各々200万枚以上のチケットを売り上げ、会場は大盛況となりました。現在、日本における障害がい者スポーツへの関心について「関心がある」と回答した人は57%と過半数を越えているものの、東京2020パラリンピックの観戦方法については「テレビ、ラジオ、インターネット配信等で観戦したい」と回答した人が64%で最も多く、「競技会場(スタジアム・体育館・沿道など)で直接観戦したい」と回答した人は19%となっています。(※平成29年9月実施 東京都「オリンピック・パラリンピック開催、障害者スポーツに関する世論調査」参照)
そこで、関心を持つ人を更に拡大し、関心から観戦への移行促進を高めるため、障がいに関する知識と障がいに触れる実体験を提供する施策を検討。当社の「個と組織を生かす」という理念の元、「人の可能性を引き出す」ことや知識習得にとどまらない「行動変容」に繋がることを重視した企業研修のノウハウを活かし、企業のダイバーシティの理解と促進に貢献すべく企業研修「パラバディ研修」を監修しました。


【パラバディ研修の概要】

パラバディ研修は、「パラレルな(自分と違う)個性と、バディ(仲間)になろう。」をテーマと置き、東京2020パラリンピックをきっかけに、パラレルな個性と向き合っていける人が増え、東京や日本全体がダイバーシティ社会へさらに足を踏み出す初めの一歩を目指した研修です。

ゴール1:パラリンピックスポーツのすごさを知る
   ・障がいを持ちながらスポーツする難しさを体験する
   ・パラリンピックの基礎知識を得る

ゴール2:障がい者とのコミュニケーションを実践する
   ・障がい当事者講師から困りごとや声掛けの仕方を学ぶ

ゴール3:「障がい」を身近なものとしてとらえる
   ・いつもと違う状態(障がい)で楽しい体験をする


研修内容は、障がい当事者講師による座学(30分)と、視覚障がい・肢体不自由障がい体験を行うチームビルディングゲーム(80分)で構成されています。
パラバディ研修は企業研修として、障がい者理解に加えてパラリンピックスポーツの紹介を取り入れ、「入り口としての取り組みやすさ」と「実践的な知識」のバランスに注目した研修です。
当社は本研修を通じて、人材サービスパートナーとして、企業や日本全体におけるダイバーシティ社会の推進を目指すとともに、東京2020パラリンピックがより多くの方に楽しまれるように貢献してまいります。



※研修に関するFAQ、申込書の送付依頼は、こちらから

[報道関連・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせはこちらから
「プレスルーム」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top