下田 幸祐 (シモダ コウスケ)

経歴
2001年、早稲田大学卒業。アクセンチュアに入社し、大規模開発プロジェクトにおける開発やプロジェクト推進、情報化戦略計画策定など幅広い業務に携わる。2007年、マネジャー昇進後に退社し起業。自社でECやリサーチ事業等を立ち上げと運営をしつつ、
・大手企業の新規事業立ち上げプロジェクト
・Jリーグ公式アプリ等のデジタルマーケ系システム開発プロジェクト
・AI・IoTを活用したサービス開発や、DX組織立ち上げプロジェクト
などのPMを歴任。
得意な領域
かなりマルチなPMだと自負しています
・コンサルティングスキルをベースとした実戦的なプロジェクトマネジメントができる
・基幹刷新から新規事業、デジタルマーケ、DXまで幅広い領域に強い
・構想・計画フェーズなどの最上流から、製造・テストまですべての工程に強い
・自身の開発経験もあり、自社開発もしているため、システムのアーキテクチャや、スクラム開発・DevOpsなど最新の開発手法にも明るい
講師として大切にしていること
・専門用語を極力使わず平易な言葉でわかりやすく話すようにしています
・実戦経験に基づき、具体事例を豊富に取りいれるようにしています
・講義と実習をバランスよく組み合わせるようにしています