吉田 将英 (ヨシダ マサヒデ)

経歴
プロジェクトプロデューサー / コンセプター
広告会社勤務の傍ら、プロジェクトディレクターとしてモノゴトや人の「関係性をより良い形に結びなおす」ことを信念に、様々なプロデュースおよび企画立案を手掛ける。電通ビジネスデザインスクエア所属。考好学研究室主宰。著作に『仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力』(三笠書房)、『若者離れ』(エムディエヌコーポレーション)、『なぜ君たちは就活になるとみんな同じようなことばかりしゃべりだすのか』(宣伝会議)
得意な領域
「関係性のデザイン」を専門性に様々なプロジェクトを手がける。デザインする過程で、「エスノグラフィ」「フィールドリサーチ」「インタビュー」「未来洞察」「文化人類学」「コピーライティング」「コンセプト創造」などを強みとして用いる。今回は、これらの多岐にわたる思考の対象を深掘りする過程で身につけた、効果的な“アンテナの張り方”をお伝えします。
講師として大切にしていること
研修が、セミナールームの中だけで終わりにならず、その後の参加者の皆さん一人ひとりの実生活や仕事の場面でどのように活用されるかまで考えて設計します。「一方通行ではなく参加型」「自分ごとに置き換えて思考するワークの充実」を重視します。