小田 裕和 (オダ ヒロカズ)

経歴
(株)ミミクリデザイン ディレクター/デザインリサーチャー。東京大学大学院 情報学環 特任研究員。千葉工業大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。新たな価値を創り出すための意味のイノベーションやデザイン思考といったデザインの方法論やそのための教育と実践のあり方について研究を行なっている。ミミクリデザインでは、新たな意味をもたらすための商品開発プロジェクトや、主体的に価値創造に取り組む人材の育成プロジェクトを中心にディレクションやファシリテーションを担当している。
得意な領域
概念設計やコンセプト立案といった、商品や事業企画といった場面でのアイディエーションやワークショップの場づくりが専門
講師として大切にしていること
あくまで手法やプロセスはツールに過ぎず、イノベーティブな商品や事業を生み出すためには、当事者である人の強い想いや衝動が大切であると考えている。ワークショップといったような場を通じて、方法論を学んでもらうと同時に、そうした想いを再認識できる状況を提供したいと考えている。