加藤 彰 (カトウ アキラ)

経歴
NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー/株式会社日本総合研究所/リサーチ・コンサルティング部門シニアマネジャー/グロービス講師
京都大学大学院工学研究科修了。大手メーカーにて半導体研究に従事した後、現職。大阪勤務で、主に関西エリアの民間企業を対象としたコンサルティングに従事。著書に『ファシリテーション・グラフィック』『ワークショップ・デザイン』『ロジカル・ディスカッション』(以上、共著、日本経済新聞出版社)、『ロジカル・ファシリテーション』(PHP)等。
得意な領域
顧客内での議論および顧客との議論をベースとしたビジョン・経営戦略策定/中期経営計画策定、未来洞察、新規事業開発、組織改革等、ファシリテーションを駆使したコンサルティング。顧客の要望に合わせカスタマイズしたワークショップあるいはトレーニングの設計と実施、特に科学的専門知識が必要となる場合、あるいは、難しい内容を易しくかみ砕かねばならない場合に強い。
講師として大切にしていること
頭では理解できていてもなかなか実践できていない「基本」「原則」を、演習やクラスディスカッションを通じて、しっかり身に着けていただくことを重視しています。そのためにも、楽しく、お互いから学べる場をつくるように心がけています。