嘉村 賢州 (カムラ ケンシュウ)

経歴
場づくりの専門集団NPO法人場とつながりラボhome's vi 代表理事、東京工業大学リーダーシップ教育院 特任准教授、『ティール組織』(英治出版)解説者、コクリ! プロジェクト ディレクター。集団から大規模組織に至るまで、人が集うときに生まれる対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践。2015年に1年間、仕事を休み世界を旅する中で新しい組織論の概念「ティール組織」と出会い、日本で組織や社会の進化をテーマに実践型の学びのコミュニティ「オグラボ(ORG LAB)」を設立、現在に至る。
得意な領域
(1)実践に裏打ちされたファシリテーション技術・・・まちづくり・教育・組織変革・イノベーションなど様々なテーマでベンチャーから中小企業・上場企業・行政まで幅広くワークショップを実施。一時期は年間150回を超えるワークショップをこなす。
(2)ティール組織や最先端の組織論の知識・・・まだ日本ではなじみがなかった頃から「ティール組織」と出会い探求を始める。同時にティール組織に限らず次世代組織の形を研究している。
講師として大切にしていること
基本的に私は単発の研修やセミナーを行うことはありません。実際に地域や組織などに入り長期にわたって変革を行っていくファシリテーションを生業にしてきました。その為、講座は机上の空論ではないリアルなお話ができると考えています。