鹿野 尚登 (シカノ ヒサト)

経歴
株式会社ヒューマンパフォーマンス 代表取締役。1980年筑波大学人間学類卒業後、リクルートに入社。人材開発(HRD)事業元エグゼクティブ・マネジャー。人材開発関連のビジネスに延べ30年以上携わっている。現在は、各企業の人事・人材開発部門や事業ラインの人材開発部門でのパフォーマンス・コンサルティング実践の支援、ターゲットの従業員のパフォーマンス現状分析を踏まえた研修プログラムの設計・開発、人材開発スタッフ・社内研修講師の研修設計・開発スキル向上の支援などを行っている。
得意な領域
1.パフォーマンス・コンサルティング、2.人材開発スタッフ向けの人材開発(L&D for L&D)、3.マネジメント向け研修の企画・設計・開発、4.営業スキルの分析など。
これまでに数社の研修会社でマネジメント研修や営業スキル研修を13コース開発しています。ケーススタディなどの教材は大小合わせて275件ほど設計開発しています。
講師として大切にしていること
誠 実:人に対し、組織に対し、何事にも誠実に対応します
可能性:人のパフォーマンスはさらに高められるという前提に立ちます
品 質:成果物やサービスの品質を大事にします
合理性:人材開発において合理的なアプローチを実践していきます
現場重視:現場の事実やデータをもとに考えます