鹿野 尚登 (シカノ ヒサト)

経歴
株式会社ヒューマンパフォーマンス 代表取締役。1980年筑波大学人間学類卒業後、リクルートに入社。人材開発(HRD)事業元エグゼクティブ・マネジャー。2000年から現職(09年に法人化)。人材開発関連のビジネスに延べ30年以上携わる。現在、主に各企業の人事・人材開発担当の教育支援、パフォーマンス・コンサルティング(事業成果・従業員の実務行動の改善・能力開発ニーズ等の整理)、研修設計・開発の基本、研修転移・効果測定の基本等の研修や勉強会を行っている。
得意な領域
人材開発担当の教育を専門にやっています。(1)事業ラインにヒアリングをするときのパフォーマンス・コンサルティング、(2)自社で研修を企画設計するときの研修設計・開発の基本、(3)上流から設計する研修効果測定、(4)オンライン研修時代の研修転移などに力を入れています。米国の最新の動向を踏まえた人材開発担当向けの勉強会をするのが大好きです。400社以上の人材開発担当の方に研修や勉強会をやってきました。研修会社の商品25コース、275のケーススタディの開発実績があります。
講師として大切にしていること
誠 実:人に対し、組織に対し、何事にも誠実に対応します
可能性:人のパフォーマンスはさらに高められるという前提に立ちます
品 質:成果物やサービスの品質を大事にします
合理性:人材開発において合理的なアプローチを実践していきます
現場重視:現場の事実やデータをもとに考えます