2018年10月開催以降 【3時間コース】会計コースの再編について。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

2018年10月開催以降 【3時間コース】会計コースの再編について

2018年10月開催分より、【3時間】会計コースの再編に伴い、タイトルとコースの内容が変更となります。
会計コースは以下の3コースとなります。HPへの反映は9/24以降を予定しています。
【会計研修】<1>入門 〜はじめての会計〜(147)
→2018/10月開催以降 新タイトル
【会計研修】<1>初級 〜はじめての会計〜(旧:入門)(147)
(対象:新人、若手、中堅)

【会計研修】<2>初級 〜ビジネスを会計視点で理解する〜(109)
→2018/10月開催以降 新タイトル
【会計研修】<2>中級 〜ビジネスを会計視点で理解する〜(旧:初級)(109)
(対象:若手、中堅、リーダー)
【会計研修】<3>中級 〜財務諸表から企業を読み解く〜(013)
→2018/10月開催以降 新タイトル
【会計研修】<3>上級 〜投資/出費の意思決定をロジカルに考える〜(旧:中級)(013)
※内容は主に「財務諸表分析」から「投資の意思決定」に変更となります。
(対象:若手、中堅、リーダー、管理職層、経営・部長層)

<概要>
本研修セミナーでは、初級・中級で学んだ会計の知識を、業務上の意思決定につなげていくために、どのような「考え方」をすればよいのかを理解していただきます。M&Aや工場新設等の大きな投資から、タクシー代のような細かな費用に対しても、どのような視点で考えれば「合理的」な判断ができるのかを整理します。
※受講レベル(受講前)の目安としては、以下の通りとなります。
・売上高経常利益率の計算方法がわかる
・ROEという単語を聞いたことがある(説明できなくてもOK)

受講後には以下の状態を目指します。
● ROEの意義を理解している
● DCFを活用した意思決定の手法を理解している
● 日常の意思決定に会計的な視点を加味できるようになっている

<受講対象者>
若手層 中堅層 リーダー 管理職層 部長・経営層
ビジネスにおいて意思決定の権限が付与されている方、若手であっても(権限がなくても)、やがて経営幹部になりたいと考えている方
※会計の基本知識のある方(例:PLとCFの違いがわかる)が対象となります