北海道・東北・長野・静岡開催 公開型 新入社員導入研修(FBC)のご案内。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

北海道・東北・長野・静岡開催 公開型 新入社員導入研修(FBC)のご案内

 
―北海道・東北・長野エリアの採用・新入社員を取り巻く環境
それぞれのエリアで、更なる売り手市場が続いています。特に交通の便が良くなった地域では、3大都市圏に出ることの時間的・心理的圧力が減り、地元を離れ、より仕事の多いエリアでの就職活動を積極的にスタートしています。また、新卒の大手・安定志向は地方では更に高まり、中小は自社のPRによほどの工夫をしない限り、選択肢に入れないと言う状況が続いています。

―北海道・東北・長野エリアの新入社員の特徴・課題
それぞれのエリアでお客様に訪問すると「積極性・主体性が昨年に比べて落ちている感じがする」「小粒化しており、あまり目立つ人がいない」「辞めてしまうのではないかとひやひやしている」という新入社員に対する声をよく聞きます。言われた仕事をただ単に行うのではなく、自分達で考えて、「何」に取り組むかを考えて欲しいという想いがあるのですが、退職リスクを考え要望しきれていない現場の様子が伺えます。このギャップをどう埋めていくかが今後大きな事業推進の課題になってくると思われます。

―北海道・東北・長野エリアの新入社員を育てるためには
弊社の新入社員導入研修(FBC)で一番中心にお伝えするのは、周囲を巻き込んだ仕事の進め方です。社会人として独りよがりではなく、周囲の期待・目的をしっかりと捉え、且つ、仕事の状況をしっかりと報告・連絡・相談をしながら進めることを学びます。言われたことをそのまま行うのではなく、もう一段踏み込んだ仕事の仕方を学ぶと共に、周囲へのコミュニケーションも増えますので、周囲の方々にとっては期待や指摘をする機会も増えてくることとなります。
―静岡エリアの採用・新入社員を取り巻く環境
静岡県内有効求人倍率がバブル期に迫る1.5倍を超え、人手不足感が強くなっています。
半数近くの県内企業が「人手不足」を訴えたという調査結果も発表されました。特に、静岡県は、東は東京、西は名古屋といった大都市圏に近く、就職のために静岡を離れる学生が多い実情もあります。そうした中、せっかく採用した新入社員が元気に出社して会社になじみ、定着していってくれるかは多くの企業にとって切実な問題です。

―静岡エリアの新入社員の特徴・課題
新入社員が社会人の入り口でつまずきがちなこととして、「わからないことを自分から聞けない/相談できない」ことがよく挙げられます。できない自分を見せたくないのです。生真面目でシャイな静岡県民ですと、その傾向はなおさらです。同様に受け入れ側の上司・先輩も、聞けば親切に答えてくれるけれど、自分から新入社員に声をかけるタイプは少ないです。

―静岡エリアの新入社員を育てるためには
弊社の新入社員導入研修(FBC)では、実際に上司部下間、協働する関係者間で生じるような、「ここで自分から一声かけておけば」といった場面がよく起きるように設計されており、新入社員たちは場面・体験をとおしてその大切さを学んでいきます。3日間の研修は、帰社後の導入教育や、配属後の現場教育に、きっとお役に立てると思います。
濃密な仕事体験により、企業の枠を超えて同期意識が醸成されます。
それぞれの地域の新卒採用者が集まりますので、同じ地域の社会人同期の存在が、心の支えになります。少人数しか採用していないという企業様にこそ、公開コースがお勧めです。