【3時間研修セミナー】人事・マネージャーが知るべき職場のLGBT対応・基礎 | 研修・社員研修のリクルートマネジメントスクール 2018年8月 | 社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

  • 新入社員層
  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • 企画・マーケティング
  • 人事・労務

LGBT基礎知識 〜職場でのコミュニケーションのあり方〜(152)

LGBTを理解するためには、「知る」だけでなく、「考える・咀嚼する」時間を丁寧にとることが大切です。
本プログラムは知識のインプットだけでなく、ワークショップ形式で考え、咀嚼し、理解を深めながら、自分ごと、自組織ごととして捉え、ファーストアクションにつなげます。

このような課題・ニーズにお応えします

  • LGBTについての基本的な知識を身につけたい
  • 当事者のインサイト、ニーズ(特に就業時の不、社内制度に対してのニーズなど)を知りたい
  • ざっくばらんに素朴な疑問や自身の考えを話してみたい、他の人がどのように考えているのか知りたい
  • 当事者とのコミュニケーション(特に職場において)のヒントを得たい
  • 人事として、あるいはマネジャーとして、組織づくり、メンバーマネジメント上、どのように対応すべきかを考えたい

概要

本研修セミナーでは、LGBTについての基礎知識や当事者とのコミュニケーションのポイントやLGBT対応をしている国内外の企業事例を知り、今後の自社/自組織のありたい姿を描き、職場でのコミュニケーションのあり方を考えます。インプットだけでなく、人事やマネジャーとして直面しうる課題を想定しながら、よりよい組織づくりやコミュニケーションについて考え、対話するワークショップも行います。受講者同士の対話を通じて、多様な視点や幅広い視野でLGBTに限らず、一人ひとりが自分らしく輝ける組織について考えるきっかけとなる内容になっています。

※当日のファシリテートは、LGBT当事者と「ストレートアライ」(LGBTを理解・支援するストレート)の講師2名体制で行います。

受講後には以下の状態を目指します。
●LGBTに関する基礎知識が身につく。
●当事者のインサイト、ニーズ(特に就業時の不、社内制度に対してのニーズ)を知ることができる。
●他者がこのテーマに対してどのように考えているのか知ることができる。
●当事者とのコミュニケーション(特に職場において)のヒントを得ることができる。学んだことを活かして適切な対応や気遣いができる。
●LGBT=”自身や自組織には関係ないこと”ではなく、自分ごと・自組織ごとと捉えて、どのような対応やアクションが必要なのかこれからも思考していける。

プログラム

  • 講義
  • 個人ワーク
  • グループワーク
● LGBT基礎知識
 LGBTとは(性を考えるときの4つの指標、セクシュアルマイノリティとは、国内の人口など)/LGBTの想い(抱えている不、就職・就業において困っていることなど)/
 国内外の動き(世界の法律、日本自治体の認知、国内外の企業評価指標など)をインプットします。
●「ありたい姿」を描く
 LGBTに対してフラットな企業や社会を未来に目指したいとしたとき、自社・自組織の「ありたい姿」をグループワークで考えます。
●コミュニケーションのヒント
 LGBT当事者とのコミュニケーションのヒント(カミングアウトされたときの対応、留意・大切にしたいこと)をインプットします。
●具体的なアクションを描く
 ありたい姿を実現するために自社・自組織でできるアクションをグループワークで考えます。その後、「第一歩としての具体的なアクション」を個人で考えます。

開催概要

開催地
田町
期間 3時間 総研修時間(食事時間を除く) 3時間
開催時間
3時間(以下のいずれかの時間帯)
9:00〜12:00、13:00〜16:00、17:00〜20:00
受講費用
15,000円/名(税抜) ※チケット制対応あり
受講対象 新入社員層 若手層 中堅層 リーダー 管理職層 部長・経営層
人事部、ダイバーシティ推進室、内部統制、経営企画に所属している方々/リーダー、管理職、プロジェクトマネジャーなど、組織・メンバーマネジメントに携わる方々/経営幹部・事業責任者
事前課題/準備
なし

リクルートマネージメントスクール チケット制サービス

※管理者登録済みの方のチケットを使ってのお申込みは管理者サイトからとなります。管理者ログイン

受講者の声

実際の当事者の方のお話を聞くことで今まで以上にリアリティが増した。実際にLGBTの方々が困っていることを具体的に知ることができた。
まずは「知ること」が大切だと思った。さらに、知りっぱなしではなく「考えていくこと」も大切なんだと感じた。
このテーマでじっくり話したり考える時間をとれたことがよかった。グループワークで多様な意見を聞くことができたことで、向き合って考えようとする意欲が沸いた。
LGBTに限らず、社会的マイノリティに対する接し方やマネジメントについてもっと真摯に考えていこうと思った。
すべての人は違う個性を持っていると思うこと、関係性づくりや個人として向き合うコミュニケーションをとることを大切にしたいと思った。

講師情報・メッセージ

水本 真梨乃
ミズモト マリノ
プロフィール

LGBTは身近にいないので実感がわかない、知らないからどのように接していいのかわからない、という方もいらっしゃると思います。
ただ、セクシュアリティはひとつの属性にすぎず、私たちLGBT当事者も皆様と変わらず会社で働き、買い物をし、デートをし、同じ空間で同じように暮らしています。
当日は受講者のみなさまに、まずはLGBTの存在を「認識する」、そして「知る」「考えてみる」という機会を届けられれば幸いです。
短い時間ではありますが、”Diversity Inclusion(多様性を包括する)”をするために、「違い」を認める中で「同じ」という共感の接点を見つけていく、そんなスタンスを体感していただけるような時間にしていきたいと思っています。

豊富な経験とテーマに精通したプロが効果的な学びを支援します。

講師について

開催日程・お申込み

0件の開催日程よりお選びいただけます。

管理者IDをお持ちの方は「管理者登録済の方お申込み」を、お持ちでない方は「未登録の方お申込み」ボタンをクリックしてお申込みください。
ご希望の開催地・月をクリックすると、その条件に合ったコースが表示されます。

リクルートマネージメントスクール チケット制サービス

※管理者登録済みの方のチケットを使ってのお申込みは管理者サイトからとなります。管理者ログイン

開催日程 場所 お申込み
ご指定の月は開催日程がありません