リクルートマネジメントスクールが提供する、中堅社員に求められる役割や行動を理解する中堅社員基礎研修です。後輩育成、上司補佐、周囲との協働など、組織で活躍するために必要なスキル・スタンスを習得します。

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー

中核社員に求められる役割や行動を理解する中堅社員基礎研修(SBC)【通い2日】

中堅社員として身につけてもらいたい「原理・原則」を学ぶ基礎研修です。効率な仕事の進め方や周囲とのコミュニケーションのあり方、職場の中核として求められる中堅社員の役割や意識などを学びます。

このような課題・ニーズにお応えします

  • 階層別研修として、中堅社員に原理・原則を学ばせたい。
  • 中堅社員としての自覚を持って組織をリードして欲しい。
  • 仕事のスキルは向上してきたが、チームワークやコミュニケーションにも気を配ってほしい。
  • 周囲を巻き込みながら、計画的に仕事を進めてほしい。

概要

「組織のフラット化による、自らの判断・意思決定が求められる機会の増加」「非定型な仕事の増加や顧客からの要望の高まりによる、仕事の高度化」「業績圧力の増大」など、ビジネス環境は日々刻々と変化を繰り返しています。こうした変化の中、中堅社員は下記のような期待を背負い、主体性や当事者意識をもって仕事に取り組むことが求められます。
・仕事の量も質も、高いレベルでこなしてほしい
・自分から働きかけて、仕事の幅を広げていってほしい
・多様な関係者と協働してほしい
・職場の戦力として活躍し、さらに成長してほしい
・効率、効果的に仕事を進めてほしい
こうした状況においては、中堅社員としての役割を知るだけでなく、実践できることが重要です。本研修では、中堅社員としての役割を遂行する上で必須となる「原理原則」をつかむと共に、実践におけるポイントと見通しをつけていきます。

【プログラムの特長】
1.受講者が「気づき」「自ら学ぶ」ことで実践につなげる。
「学ぶ」プロセスを徹底的に研究したトレーニングプログラムです。受講者は自らの役割や行動を「原理原則」に照らして振り返ると共に、お互いの経験則や持論をディスカッションすることで、自身の職務行動の特徴に「気づく」ことを促します。また、理解促進演習やケース研究など、多様な手法を用いて経験豊富な講師が運営することで、受講者が「自ら学ぶ」ことをねらっています。

2.実際の職場の課題につなげる段階的なプログラム構成。
学習内容が日常の職場行動につながるように工夫されたプログラム構成です。まず、理解促進演習により中堅社員の原理原則を学習。続くゲーム・トレーニング(ブロックシミュレーション)で、学んだ原則を実践した上で現実に起こりうるケースを研究し、再度原理原則を確認します。その上で自らの職務行動上の特長や課題について考えていきます。一連の流れを追うことで、中堅社員に期待される役割・立場・責任を理解していきます。最後にアクションプランの策定を行い、職場での実践につなげます。

(実習紹介)
「ブロックシミュレーション」
チーム行動が強いられる環境を再現。
チームで1つの仕事を成し遂げるということを体験型の実習を通じて学びます。別室にあるブロックで組み立てられた「モデル」を、グループで協力し、忠実に再現するという単純なもの。しかし、グループメンバーには「主任」「設計」「製造」の役割が与えられ、各職務にはできることとできないことが決められています。そのため、それぞれの役割を正確にこなし、仕事をつないでいくことが重要となります。実際の現場と同じ、チームで協力することで初めて仕事を完遂することができる状況を設定しています。

決められた時間内に成果を上げる。
それぞれの役割を単に正確に行えばいいわけではありません。決められた納期を守ってこそ、正確さの価値が認められます。設計書が正確に作られていなければ、当然正確な「モデル」を組み立てることはできません。しかし、正確な設計書を作成するために多くの時間を割くことは、製造時間を大幅に減らすことになります。主任は設計や製造に関わることはできませんが、こうした時間配分を行い、現場を指揮。「モデル」の完成へと導くのです。

プログラム

  • 講義
  • 個人ワーク
  • グループワーク
  • 実践演習
※プログラムや進行は状況により変更することがあります。あらかじめご了承ください。

 午前午後
1日目 10:00〜12:00
オリエンテーションと自己紹介
 ・インストラクション
 ・自己紹介
 ・相互理解
 ・現状共有

中堅社員の基本的な心構え
 ・個人研究
 ・演習問題
13:00〜18:30
中堅社員の基本的な心構え(続き)
 <演習問題>
  ・全体共有
  ・解説
  ・振り返り
 <ブロックシミュレーション>
  ・実習
  ・全体共有
  ・振り返り
2日目 09:00〜12:00
中堅社員の基本的な心構え
 <ブロックシミュレーション>
  ・振り返り
  ・解説
  ・個人研究

期待される役割
 <ケース研究「榎本君のケース」>
  ・個人研究
  ・グループ討議
13:00〜18:30
期待される役割(続き)
 <ケース研究「榎本君のケース」>
  ・全体共有
  ・解説

アクションプランの策定
 ・個人研究
 ・グループ討議

全体共有・まとめ 

開催概要

開催地
大崎 ・ 大阪
期間 通い2日 総研修時間(食事時間を除く) 16時間
開催時間
1日目:10:00−18:30、2日目:09:00−18:30
受講費用
100,000円/名(税抜)
受講対象 若手層 中堅層 リーダー
入社3年目以上の中堅社員、リーダー・主任・係長クラス
事前課題/準備
あり
受講者サイトより事前課題をダウンロードし、実施の上当日ご持参ください。

受講者の声

中堅社員として与えられた業務をこなすのではなく、組織の目標を正しく把握し、それを達成するために工夫すべき点を洗い出すことが大事であると思った。また、検討・計画・実行だけではなく、見直し報告するというプロセスを踏み、創意工夫するということが大事であるとわかった。
実際の仕事と重ねて具体的にイメージできる(させられる)内容だった。他の受講者の方々も、ご自身の仕事と重ねて考えている場面が多々あったのが印象的だった。
現状で与えられている仕事だけに満足せず、中堅社員として上司に働きかけ、自分の職務範囲を広げていきたい。
中堅社員としての自覚を持ち、待っているだけでなく、自分から積極的に関わっていくことが大切だと思った。個人プレーでなくチームプレーを心がけ、上司・後輩のパイプ役になろうと思う。
目的意識を持つことの大切さ。後輩育成に携わる者としてはもちろんのこと、仕事を進めていく上で立ち返る場所としてもぶれない目的を持っていたいと思った。
また、日常的な勤務中の姿勢も周囲に見られていることをもっと意識しながら緊張感を持って業務に取り組みたい。加えて、私は社内的な自身のポジションに対する自覚が薄いと実感した。研修に参加し、他の受講者の方々のお話を伺う中で、自分自身でもっと鼓舞していかなくてはと思った。

こんな方が受講されています

開催日程・お申込み

6件の開催日程よりお選びいただけます。

管理者IDをお持ちの方は「管理者登録済の方お申込み」を、お持ちでない方は「未登録の方お申込み」ボタンをクリックしてお申込みください。
ご希望の開催日程を選び「お申込み」ボタンを押してください。
ご希望の開催地・月をクリックすると、その条件に合ったコースが表示されます。
チケット制でお申込みの方はこちら

開催日程 場所 お申込み
2017年
10月16日(月) 10:00
〜10月17日(火) 18:30

大崎 ゲートシティ大崎 ウエストタワー7F

[地図を表示]

すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
11月09日(木) 10:00
〜11月10日(金) 18:30

大阪 ハートンホテル北梅田

[地図を表示]

残席わずか
すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
11月16日(木) 10:00
〜11月17日(金) 18:30

大崎 ゲートシティ大崎 ウエストタワー7F

[地図を表示]

すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
12月18日(月) 10:00
〜12月19日(火) 18:30

大崎 ゲートシティ大崎 ウエストタワー7F

[地図を表示]

残席わずか
すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
2018年
01月22日(月) 10:00
〜01月23日(火) 18:30

大崎 ゲートシティ大崎 ウエストタワー7F

[地図を表示]

すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
02月06日(火) 10:00
〜02月07日(水) 18:30

大崎 ゲートシティ大崎 ウエストタワー7F

[地図を表示]

すでに管理者登録をされている方は 右側のボタンよりお進みください。
  • 未登録の方 お申込み
  • 管理者登録済の方お申込み
 
リクルートマネージメントスクール チケット制サービス

講師情報

講師

鈴木 秀夫(スズキ ヒデオ)

プロフィール