プロフィール

人材開発トレーナー

櫻井 俊邦(さくらい としくに)

経歴

1960年生まれ。83年大手人材開発・情報出版社に入社。営業部門で実績をあげた後、制作マネジャー、全社総務でプロジェクトマネジャーを経験。マネジャー在籍期間に社内研修のトレーナーを担当することで、教育に関心を持ち、96年、リクルート(現 リクルートマネジメントソリューションズ)のトレーナーになり現在に至る。トレーナーとしてはIT・自動車・流通・メーカー全般・金融・建設など多岐にわたる業界を担当。

座右の銘

自律と感動あっての変革。

趣味

美味しい食事と会話。たまに腰痛ゴルフ

トレーナーとして大切にしていること

座右の銘でも書きましたが、「自律と感動あっての変革」を支援することをモットーとしており、研修場面でも、受講者の方々の主体性を大事にしています。また事前に受講者の置かれた現実状況を把握し仮説立てをして、研修場面では、常に現場感覚を持って受講者と関わることを心がけています。

トレーナーになったきっかけ

35歳のときに、社内公募があり、そのときの先輩トレーナーの言葉にひかれ、選考会に参加。2日間の選考会で受けたプログラムに多くの気づきがあり、元気になれたことがきっかけ。自分もこのような場を提供したいと思い、半年間HRD領域の新規営業をしたのちに、トレーナーに専念することを決意。

Page Top