経営理念(ミッション&バリュー)はなぜ浸透しないのか?

「原点回帰型」の推奨プログラムのご紹介

原点回帰型の活動のポイントは、会社へのロイヤリティや自分たちの誇りといったものへの想起と修繕にあります。よって、伝道師となった人がお互いの原体験を共有し合うプロセスを通して、ミッション&バリューや行動指標を具体化していくプロセスや、さまざまな実際にあったエピソードを集めたコンテンツを作成します。そのコンテンツを基にミッション&バリューに記されていることの本質について語り合うような研修やセッションの実施を通して、社内に浸透させていくのが最も効果的な方法となります。

以上、ミッション&バリュー浸透について、駆け足にて述べさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

実際に活動を推進する際のポイントについては一通りの紹介をさせていただきましたが、業種業態、事業の好不調、社員の心理状態など、会社の置かれている状況に応じた最適な進め方を考えることが大切です。弊社では、それぞれの会社の状況を鑑みた上で最適な進め方を考えることが最も重要であると考え、ミッション&バリュー浸透支援のサービスを提供しています。

記事のキーワード検索
Page Top