1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

効果を挙げるための組織開発のヒント 変革を通じて組織を成長させる


変革対象の関連を意識する

顕在化した組織課題の対象範囲は広く、また、それぞれの領域で専門的にさまざまな概念・手法が存在しているため、特定の領域や対象に偏って考えがちです。しかし、組織開発を進める上では、対象を絞って取り組むのではなく、対象のつながりを考え、どこから手をつけることが「取り組みを進めやすくするのか」、「巻き込む関係者に良い影響を及ぼせるか」を考えることが大事です。

例えば、職場で人材が育たないという課題を考えてみます。ポイントは育成の責任を負っている上司の行動であろうと考えられますが、そこだけに注力していても改善されるとは限りません。それ以外にも、事業戦略の方向性と人材像や育成方針の整合や、業務遂行と育成プロセスの関連づけ、評価制度の整備、育成対象者のキャリア自律支援、投資の有効性の検証等が必要かもしれません。

どこから手を打てば有効なのかは、組織の現状や根付いている組織風土により様々です。しかし、変革対象のつながりを見極め、良い影響が望める手を順序良く手を打っていくことが重要です。

次ページでは全体シナリオの中で、対象に対してアプローチする上でのポイントについて説明していきます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
記事のキーワード検索
Page Top