1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

新入社員にはどんなフォロー研修がよいのか 効果的な新人フォロー研修をデザインするポイント


新人フォロー研修に求められる3つの要素(3)

3.「自分の目標」と思える目標作り

研修の最後には、効果的な目標の再設定、これからの計画などの作成をするわけですが、何せ相手は新入社員ですから、ここを丁寧にやらないと、

・具体化せず、お題目的なもので終わる
・一応書くが、実感値が湧かない(とりあえず書いた)
・もともとの業務目標をそのまま書く(下期目標10件、など)

などのことになりがちです。

「1年目の残り、自分としてはこういうことをやりきっておきたい」という、「自分の目標・計画」と思えるものを描いてもらうための材料として、以下のものがあります。

1)入社動機(入社当時の思い)

2)自分の強み・弱み

周囲や職場からのアンケートやフィードバックが、本人が気付く有効な手段となります。

3)職場からの期待

「職場レター」などで、改めて周囲の期待を知ることは、自分の目標を描く上でヒントになるものです。

4)将来の夢・目標

5)自分のワークスタイル

仕事経験のたな卸しなどを通じ、「自分が障害に負けず前に進むためのスイッチ」「好調を保つコツ」などを自覚することで、先の働き方の見通しなどが見えてくるものです。

研修の最後に「明日からの目標づくり」をすることが多いと思います。新人の方々に上記のような素材をまず準備してもらってから、目標作りをしてもらうとより効果的です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top