1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

先入観というメガネをはずして 理解することから始める新入社員育成


新入社員育成のヒント

新人の志向・価値観が以前と変化しているのは事実です。しかし、前頁にもあったように、新入社員の志向・価値観によるものというよりは、置かれている環境による影響が大きそうです。

新入社員が置かれた環境をきちんと理解したうえで、一人ひとりと向き合えば、新入社員それぞれが持っている可能性を見つけ、育成のためのヒントを得ることができるのではないでしょうか。

例えば、今回のインタビュー内容から捉えられる「育成のためのヒント」は以下のようなことです。

・ 気持ちがくじけそうなときも、なんとか踏ん張ろうとしている
・ 周りからの期待に応えたいと思っている
・ 「一人前になりたい、一人前として認められたい」と思っている

彼・彼女ら各々の志向や価値観を知ることで、それらを力点に評価したり叱咤激励したりすることができます。
時にはそうした「育成のためのヒント」を見つけづらい場合もありますが、それでも必ずあると思って見続けることが大事です。見つけるための切り口はいくつもあります。

例えば、次のような観点について新入社員と話したことがありますか?

・「入社動機」:この会社・仕事を選んだ理由は? 何に興味を持ったのか? 何を実現したいと思ったのか?
・ 「将来の夢」:この会社に入社して身に着けたいと思っていることは何か? 将来どうなりたいのか?
・ 「拠り所になっている体験」:どんな成功体験か?夢中になってやりきったことは?
・ 「喜怒哀楽」:どんなことに喜怒哀楽を感じるのか? そこで喜怒哀楽を感じるのはどんな思いがあるからか?

新入社員を相対的に評価する前に、「ここは素晴らしい」「ここは興味深い」「ここは自分と似ている(あるいは違っている)」といったように、ひとりの人間として新入社員に向き合ってみてはいかがでしょうか。きっと「育成のためのヒント」が見えてくることでしょう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top