1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

働く人が変化に立ち向かう勇気と力を 学びの機会を最大化する、新しい社員研修のインフラへ


『下町ロケット』が映す現実社会

下町ロケットが反響を呼び、出版部数が32万部を越えたそうです。
(2011年8月末現在、小学館HP調べ)
閉塞感のある世の中において、中小企業の部品メーカーの活躍が爽快感を生んでいるようで、書評には「誇り」「夢」「勇気」といった言葉が並びます。
その背景には、国内の中小企業には世界に通じる技術やノウハウがあるものの、なかなかそれが評価されず、生かしきれていない今の日本の現状があるのかもしれません。またそんな中で、社員が一丸となって危機を乗り越え、夢をかなえるという物語に、多くの働く人の共感を生んだのかもしれません。
引用:『下町ロケット』池井戸潤著(小学館)

下町ロケットのように、個々人の社員が自身の仕事に誇りをもち、持てる能力を生かし、組織としてその力を統合していくことができれば、競争が激しくなる環境下においても、持続的な成長を続けられるのだと思います。しかし、現実は厳しく、実際の現場では社員は疲弊し、その能力を生かしきれているわけではありません。
企業としても社員の育成は重要視していると考えられるのですが、特に中堅企業にとって現実は厳しく、大手企業に比べて人材育成予算は低く押さえられ、その能力を磨く場をなかなか社員に用意できないのが現状です。


【従業員規模別 一人あたりの教育投資の平均額】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top