1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

人事担当者必見!昇進・昇格のいま RMS Research'09昇進・昇格実態調査から


万能薬にはならない昇進・昇格

続いて、昇格前の候補者の状況について見てみます。

昇進・昇格に関する問題意識では、「昇進・昇格そのものに魅力を感じない者が増えている」という項目が上位にあります。社内外におけるキャリアが多様化してきた結果、従業員にとって昇進・昇格は、もはや無条件に動機付けられる魅力ある人事イベントではなくなり、「昇格したい(した)から頑張る」という構図は、昔のようには成立しなくなってきているようです。

また、「後輩や若手育成の経験のない層が、管理者となることに不安を感じる」といった声も、ほぼ同数ありました。人員構成上の問題や、仕事の進め方の変化などにより、従来なら管理者になる手前の段階で経験しておくべきことがしづらくなってきている状況が、各社に共通して起こっているようです。

ちなみに最も問題に感じているのは「女性の管理職登用が進まない」ことであり、女性活躍推進への関心の高さと、現状とのギャップが大きいことが示唆されます。


【図表3 昇進・昇格に関する各社の問題意識】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目のワード
コラム内キーワード検索