1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

いま求められる育成のアタリマエ転換 新人・若手を育てるOJT推進の隠れた鍵


「アタリマエ転換」の理解

アタリマエ転換は誰から、どこから発信するから展開しやすいということはありません。逆に言えばその発信は誰からでもどこからでもできるということです。
重要なのは、アタリマエ転換を理解し、企業全体で新人・若手育成をしていく「腹くくり」をすることを起点に、その「アタリマエ」に応じた施策を講じていくことが、新人・若手を育成することになり、さらには企業の成長につながると言えるでしょう。
日々より高い成果を求めて試行錯誤を繰り返す皆様に、この特集が少しでもお役に立てれば幸いです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目のワード
コラム内キーワード検索