1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

ハードの統合からソフトの融合まで M&Aの組織・人材マネジメント<後編>


2番目の融合チャンス事例

次に、グループ会社の合併事例です。融合施策を打つに至った背景として、以下のような状況にありました。

・体質強化と得意分野・領域を生かした新たな価値の創出を目的に、複数のグループ会社を合併させた。
・合併後の最初の1年は、基礎固めの時期とおいて、トップが先頭に立ち積極的にさまざまな施策を進めた。
・1年が経過したところで、これまでの活動の結果を振り返り、今後の方向性を見定めることにした。
同時に、新たな幹部・マネジメント間の意識統一も図りたいと考えた。

そこで、以下のステップで知的資本に関するアセスメントを契機として、各部門へ展開する過程でソフトの融合を推進しました。(図表3)

【融合施策実施後の効果】

この事例においては、合併後、一定期間が経過したタイミングで、合併効果に関する状況を客観的に共有し、統合会社としてのコアと なる強みを再確認したうえで次の施策に繋げることに注力しています。アセスメントを契機にした施策実施後、統合当初に狙いとして いた合併シナジーの拡大を始め図表4のような成果が実現されています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top