1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

自律的なキャリア開発を支援 人材開発におけるカウンセリングの活用


自律的なキャリア開発をキャリアカウンセリングで支援する(2)

■カウンセリング/キャリアカウンセリングへの誤解

まず、カウンセリング、キャリアカウンセリングについて、簡単に説明しましょう。
欧米の国々では、カウンセラーは免許制度の下で管理されており、カウンセラーとはカウンセリング心理学を基礎に、体系的な専門教育を受け、免許取得した者が行う職業を指します。しかしながら日本においては、免許制は採られておりません。統一された見解や定義が無いまま、資格制度が先行したり、一部のカウンセリング技法の修得に重きが置かれたり、産業カウンセリングが労働安全衛生の観点から現場に導入されたりした影響で、偏った理解をされている場合が少なくないようです。

学術的な説明は専門書に譲ることとしますが、本文章は、以下の観点から書かれています。

・カウンセリングは、ある「技術」と「行為」を指し、多様な分野と定義があること
・カウンセリングでは、キャリア、メンタル、リハビリテーション、人間関係などさまざまな問題・テーマを扱うこと
・カウンセラーとは、さまざまな専門知識とカウンセリング技術を用い、クライアント(相談者)が抱える問題を、クライアント自身が解決できるように支援をする人

個人のキャリアの問題(たとえば、「今の仕事や職場でうまくやりたいと思っているが困っている」「これからのキャリアを考えたい」など)は、仕事への適応、人間関係、メンタル面の問題、家族の問題など様々な要素が絡んできます。キャリアカウンセリングはキャリアを対象としたカウンセリングであり、当然、キャリアの問題を扱うカウンセラーは、メンタルヘルスの基礎知識や技能を有しています。そのため、特別な断りが無い限りは、これ以降の文章では、カウンセリングという名称は、キャリアカウンセリングと同義で使用いたします。

更に、キャリアについての定義についても触れましょう。なぜならば、企業、個人とも、「キャリア」と言う時には、とても多様な捉え方がされているからです。

昇進、異動などの社内での経歴、転職や個人的活動を通じた社外での経歴、資格、能力、肩書き、その人の生き方や「その人らしさ」まで、実に多様です。「カウンセリング」と同様に、「キャリア」の捉え方も多様です。もしも、貴社内で「キャリア」「キャリア開発」と言われている時には、「キャリア」とは「何」を指しているか、「キャリア開発」とは、「どのような状態」を指しているのか、「キャリアカウンセリング」とは「どういった行為」を指しているのか確認しておくことも大変重要です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top