1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

人材・組織開発領域における潮流やテーマ ASTD 2005 世界大会 International Conference & Expo


人材開発担当者にとってのポイント

人材開発担当者にとってのポイントは?!

1)トレーニング導入からラーニングデザインへ
研修商品を導入するだけでなく、体系的に「学習」を促進するデザインを考えよ!

2)育成施策目的の明確化
育成施策を導入するときにはどんな課題に対して、何を目的に、どんな成果を求めるかゴールを明確に。何をもって成果とするのかを事前に設定することがポイント!

3)コンテクストを学ぶ場の提供
コンテンツを提供するならeラーニングや書籍で充分。集合研修の場は相互学習の中でコンテクストを掴める場に!左脳的な知識伝達ではなく、右脳を使う手法に注目!

4)組織的なラーニングアビリティ(学習能力)の向上
人材開発は研修だと思っていませんか?日常のさまざまな機会、場の提供を通して学ぶ力を高めていく仕掛けを!

5)個人⇒集団的、組織的な能力開発手法
個人の人材開発が必ずしも組織の力につながるとは限りません。組織力につながる人材育成施策を!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top