1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

グローバル比較編 「経験から学ぶ」自ら育つ新入社員を育てるには?


さいごに

このように、中国・韓国の新入社員については、日本とは異なる特徴がみられました。外国籍社員を採用している企業では、こういった違いに目を向け、受け入れ部門の上司や同僚にも情報提供していく必要があるでしょう。しかし、「違い」に神経質になる必要はありません。彼ら彼女らの特徴を「強み」として活かせれば、日本人の同期、ひいては先輩や上司にも刺激を与える存在になってくれるはずです。

なお、今回、新入社員と他世代とを比較においても、入社世代間での違いが明らかになりました。「経験から学ぶ」自ら育つ新入社員を育てるには?〜入社年代別比較編〜をご覧ください。

弊社では引き続き、学習スタイルについての研究、外国籍社員のマネジメントについての研究などを進めていく予定です。今後も関連するトピックスをお伝えしていきますので、ご期待ください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目のワード
コラム内キーワード検索