1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

学びの機会を最大化する 社員教育のパラダイムを変える


具体的活用例その(1)〜マネジメント強化施策

ここからは、三つの活用例をお伝えします。

まずは管理職研修としての利用です。通常、昇格のタイミングで研修は実施していても、それ以外の管理職となると研修を実施する回数は少ないのが実情です。しかし、戦略推進の要となる管理職の強化は重要であり、社員教育を通じてマネジメント力全体の底上げを図ることもできます。


【管理職研修への活用例】

例えば、あるお客様では、戦略推進にあたって課長職の経営リテラシーを高めるため、マーケティング・アカウンティング・経営戦略というテーマの受講を検討しています。これは、各管理職の経営リテラシーの不足に応じて必要なプログラムの受講を推奨するもので、社内の共通言語化を進めることも副次的に狙っています。

また、ほかのお客様では、社内での新任管理職研修のフォローとして、部下育成に関するプログラムを自己選択して受講させることを検討しています。これは組織力向上を目的とし、目標設定やチームマネジメント、評価面談など、個々人のニーズに合わせて受講できる仕組みを作りたいという狙いがあります。
フォロー研修は、通常なかなか手が届かない個別ニーズに手が打てる絶好の機会として、既任管理職への展開も可能だと考えています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top