1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

方針・戦略の推進を支えるリーダーシップ 組織の方針・戦略の推進の障害となる組織行動について考察


調査結果が示す背景要因

調査結果からは、この他にも次のような特徴を発見することができました。これらは、多くの企業で、方針・戦略が思うように実行されない背景にある要因と見ることができます。

・経営陣は方針・戦略を語っており、本気でそれを実現したいと発信しているものの、何に重点を置いて取り組むかについてわかりやすく発信していない。また、打ち出した方針・戦略をきちんとふりかえっていない

・経営陣による「前例や慣行にとらわれない意思決定」があまりなされていない。また、多くの企業で方針・戦略に向けて経営陣が「一枚岩」になっていないと感じられている

・方針・戦略の背景(なぜ、その方針・戦略なのか)の理解、またそれに向けて取り組むべきことの理解には、管理職(部課長)と一般層とでギャップが大きい

・「これまでのやり方ではまずい」という危機感において、管理職層と一般層で意識のギャップがある(一般層の危機感は弱い)

・「組織の情報公開性」についても管理職と一般層で認識のギャップがある(一般層ほど情報公開が不十分と認識している)

・方針・戦略の推進していくための組織としての「仕組み」や「制度」が不十分である(あるいは既存の「仕組み・制度」はうまく機能していない)。また、必要な資源が手当てされていないと感じている従業員が多い

・方針・戦略はやらなければならないことと認識されているが、方針・戦略の内容と外部環境との整合性に疑問を感じている従業員が多い

・ミドルマネジャー層が、現場の仕事と方針・戦略を結びつけて語っていない。また、メンバーの仕事を十分にモニタリングしていない。

・経営陣が現場に足を運んでいない、現場のことを理解していない(と多くの従業員が感じている)

・企業によって認識のギャップがある階層は異なる。経営陣と部長層にギャップが大きい場合もあれば、課長層とそれ以下でギャップが大きい場合もある

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 9:00〜18:00 月~金(祝祭日除く)

記事のキーワード検索
Page Top