1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

経営理念を現場で実践していくためには 事例から見る管理職がリードする経営理念の共有・実践法!


共有・実践において管理職に求められる2つの行動とは?

通常、経営理念は、組織の中で上位層から下位層へ語り継がれることで共有されていくものです。特に、管理職とメンバーとの日常の接点は、経営理念を組織内で共有していく上で重要な場面となります。
ではその重要な場面において、管理職には一体どのような行動が求められているのでしょうか。
管理職に求められる行動は主に2つあります。

(1)経営理念を日々の判断や部下とのコミュニケーションに取り入れる
(2)経営理念と業務を接続し、活動指標や目標管理などのオペレーションに反映させる

上記の行動が管理職には求められるわけですが、現実ではスムーズにいかないことも多々あります。
起こりがちなケースとして、(1)については、経営理念を実践する土台となるマネジメントに対する共通理解が不足しているケースです。(2)については、事業において既にさまざまな指標が用いられているものの、それが経営理念や最終的な価値創造にどのように繋がっているのかが曖昧なケースです。
ではそれぞれのケースにおいて、経営理念をどのように共有・実践していけばよいのでしょうか。それぞれのケースにおける、2つの最新事例を見ていきたいと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
記事のキーワード検索
Page Top