1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

発展ステージに照らして課題を認識 組織の「ひずみ」は、人事に解消できるか?


4段階の発展ステージとその特徴

弊社の調査・研究では、企業が事業拡大に応じて4段階の顕著なステージを経て発展していくことが分かりました。加えて、各段階での、典型的な組織状態(初期特徴)と「ひずみ」も明らかになりました。弊社ではこれらを「組織の発展モデル」と呼んでいます(図表1)。

なお、ここで言う「組織の発展」とは、次の2つの意味をもちます。
・事業規模の拡大に伴う人員の増加(店舗、拠点、工場の拡大/間接部門、管理部門の拡充)
・創業からの時間の経過による成熟化(共通する価値観の醸成/業務の磨きこみ・熟練)

もちろん個別の企業ごとにタイミングは異なるものの、基本的には「創業ステージ」から順を追って、移行していくと考えられます。では、4つのステージの特徴をそれぞれチェックしていきましょう。

1. 創業ステージ
志を同じくする仲間同士が事業を立ち上げ、企業組織を形成する段階。
システムは未整備であるものの、暗黙のうちに方向性が共有されており、製品・サービス開発と市場での生き残りに全精力が傾けられる。一方で、リーダーや少人数に頼りきる経営の限界に直面する。

2. 拡大化ステージ
拡大するニーズに対応して、売上と組織・人員規模を急拡大していく段階。
権限の階層化や分業が進むが、効率化よりも、増員や部署の増設を積極的に推し進めて事業拡大を目指す。一方で、属人的な業務運営の限界に直面する。

3. 公式化ステージ
株式上場やISOなどの社会的な承認を目指して、組織が公式化を進めていく段階。
組織は、安定的・継続的成長に向けて、属人性を排除し、生産性の向上を図る。一方で、行き過ぎたルール化や標準化による組織効率の低下に直面する。

4. 最適化ステージ
組織全体としての効率を継続的に高めていくことをねらって、全体最適化を志向する段階。
組織的な協力を促進することや、社員の多様な価値観に対応することが求められる。変革に向けたビジョンの共有と実践、横断プロジェクトの立ち上げや多様なキャリアパスの構築を行う。

このように、企業を持続的に発展させるために必要な人事施策は、組織のステージによって大きく異なります。まずは自社のステージを適切に把握することが、効果的な組織マネジメントの第一歩です。

自社のステージが確認できたら、次に自社の組織状態を把握する要素についてご紹介します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

記事のキーワード検索
Page Top