1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

2013年新入社員意識調査 ゆとり世代の新入社員は何を求めているのか?


なぜ時間いっぱい、繰り返しやらなかったのか?

今年の新入社員導入研修において、次のような印象的な場面がありました。

あるグループが、ロールプレイの練習時間がまだ余っているにもかかわらず、全員が何もせずに終了時間を待っていました。そこで、担当トレーナーが「なぜ時間いっぱい、繰り返しやらなかったのか?」と理由を尋ねると、「残り時間では全体を通しての練習はできそうもないので、止めておこうと思ったからです。」という返事が返ってきたそうです。
このエピソードからも、「少し無理をしてチャレンジするよりは、確実に仕事をこなしたい」という強い意識が見て取れます。

10年ほど前の新入社員研修を思い起こすと、「自分達が納得のいくまでやりきりたい」という思いが強く、時間を無視して延々と続けてしまい、「時間内に最大の成果を出すことが、仕事では重要なのだ」と指摘される場面をよく目にしました。

いつの時代も新入社員の「成長したい」「役に立ちたい」という思いは同じです。しかし、どのように成長したいのか、何を大事にしていきたいのかは、数年の間でも大きく変わってきているのだと実感します。

その時代ごとの新入社員が最大限成長していくためには、どちらが良い・悪いではなく、強みと弱みを理解した上で、指導・サポートすることが求められるのではないでしょうか。

新入社員の特徴を踏まえた上司・先輩からの関わりによって、彼ら・彼女らの「成長したい」「役に立ちたい」という思いが一日でも早く形になり、社会人としての活躍に繋がることを願っています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目のワード
コラム内キーワード検索