システムグループ 今田 めぐみ IMADA MEGUMI

ABOUT MY JOB

私の主な業務は、トレーニング(研修)事業を支えるシステムや「働き方改革」など生産性向上や業務効率化に向けたシステムの検討・導入を行うことです。入社してまだ1年弱ですがチームリーダーを任されており、「何をつくるか」ではなく「何を実現したいのか」という意識を大切にしています。社内外の各専門家が知見を持ち寄り、ひとつのものを作っていくので、大きな価値や効果を生むためにはチーム全員の協働が必要だと日々感じています。

WHY COME HERE

前職は通信会社に勤めていて、お客様にネットワークを提案し、受注後は導入~運用までのサポートを行っていました。お客様に価値提供できていると感じる場面は多く、充実していました。しかし、お客様にどのような変化や効果があったのか、といったところまでは伴走できず、もどかしさを感じるようになったのが転職を考え始めたきっかけでした。

DECISION

DECISION

当社を選んだ理由は、サービス提供後までお客様に関われるのはもちろんのこと、前職で培ったネットワークの領域を活かしつつ、システム・アプリという新たな領域や、チームを推進していく役割にも挑戦できる点でした。また、「働く人々がよりイキイキと働ける社会を実現させたい」という理念に強く共感したこともあります。

WHY COME HERE

FIRST JOB

「LMS(学習管理システム : Learning Management System)」という、システム構築プロジェクトに参画することになりました。このシステムは、トレーニングにおける「学びの成果」の可視化・向上および、「職場での行動変化」をトータルでサポートしていくことが目的です。私は構想段階から関わったのですが、「お客様の課題は何か」「それに当社はどんな価値を提供できるのか」といった議論についていけず、何も貢献できていないことにもどかしさを感じました。

DECISION

DECISION

当社の商品理解をはじめ、その商品がお客様へどういう流れで納品されていくのか、また、そこに関わる人を知ることから始めました。前提となる商品やそれに関わる知識が乏しいことに負い目を感じていましたが、知識がなくとも、しっかりと目的やスコープを定め、先を見据えて計画をたてたことで、構想が固まった後の業務(ベンダーの選定〜要件定義〜設計〜開発)をうまくこなすことができました。

FIRST JOB

TURNING POINT

プロジェクトのリーダーを任されることになり、ゴールを見据えた上での段取りができるか、ベンダーとユーザーの動きを考慮したタスク・スケジュールの組み立てができるか、ユーザー側をリードできるかといったことが、システムチームとして求められていると思っています。リリースを目前にプロジェクトは佳境を迎えていますが、リリース後も当社が提供していく価値にとことんこだわりながら、システムを磨いていきたいと思っています。

FUTURE

より技術的な知識を備え、メンバーが路頭に迷うことなくプロジェクトを進めていけるような、中長期的な目線を持ち合わせた、プロジェクトマネジメント(PM)・プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)といった、全体を推進していく役目を担える人材になりたいと思っています。

RELATIONSHIP DIAGRAM

ABOUT MY JOB

私の主な業務は、トレーニング(研修)事業を支えるシステムや「働き方改革」など生産性向上や業務効率化に向けたシステムの検討・導入を行うことです。入社してまだ1年弱ですがチームリーダーを任されており、「何をつくるか」ではなく「何を実現したいのか」という意識を大切にしています。社内外の各専門家が知見を持ち寄り、ひとつのものを作っていくので、大きな価値や効果を生むためにはチーム全員の協働が必要だと日々感じています。

WHY COME HERE

前職は通信会社に勤めていて、お客様にネットワークを提案し、受注後は導入~運用までのサポートを行っていました。お客様に価値提供できていると感じる場面は多く、充実していました。しかし、お客様にどのような変化や効果があったのか、といったところまでは伴走できず、もどかしさを感じるようになったのが転職を考え始めたきっかけでした。

DECISION

DECISION

当社を選んだ理由は、サービス提供後までお客様に関われるのはもちろんのこと、前職で培ったネットワークの領域を活かしつつ、システム・アプリという新たな領域や、チームを推進していく役割にも挑戦できる点でした。また、「働く人々がよりイキイキと働ける社会を実現させたい」という理念に強く共感したこともあります。

WHY COME HERE

FIRST JOB

「LMS(学習管理システム:Learning Management System)」という、システム構築プロジェクトに参画することになりました。このシステムは、トレーニングにおける「学びの成果」の可視化・向上および、「職場での行動変化」をトータルでサポートしていくことが目的です。私は構想段階から関わったのですが、「お客様の課題は何か」「それに当社はどんな価値を提供できるのか」といった議論についていけず、何も貢献できていないことにもどかしさを感じました。

DECISION

DECISION

当社の商品理解をはじめ、その商品がお客様へどういう流れで納品されていくのか、また、そこに関わる人を知ることから始めました。前提となる商品やそれに関わる知識が乏しいことに負い目を感じていましたが、知識がなくとも、しっかりと目的やスコープを定め、先を見据えて計画をたてたことで、構想が固まった後の業務(ベンダーの選定〜要件定義〜設計〜開発)をうまくこなすことができました。

FIRST JOB

TURNING POINT

プロジェクトのリーダーを任されることになり、ゴールを見据えた上での段取りができるか、ベンダーとユーザーの動きを考慮したタスク・スケジュールの組み立てができるか、ユーザー側をリードできるかといったことが、システムチームとして求められていると思っています。リリースを目前にプロジェクトは佳境を迎えていますが、リリース後も当社が提供していく価値にとことんこだわりながら、システムを磨いていきたいと思っています。

FUTURE

より技術的な知識を備え、メンバーが路頭に迷うことなくプロジェクトを進めていけるような、中長期的な目線を持ち合わせた、プロジェクトマネジメント(PM)・プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)といった、全体を推進していく役目を担える人材になりたいと思っています。

RELATIONSHIP DIAGRAM