ホーソン実験

1924〜1932年に、シカゴ郊外にあるウエスタン・エレクトリック会社のホーソン工場において、エルトン・メイヨーが行った一連の実証的な実験の総称である。
生産性を左右するものは、作業時間、照明度、賃金のような物的条件ではなく、労働者が自分の属する組織や集団に対して抱く感情、気分、態度というような心理的条件や、人間と人間の社会的関係、特にインフォーマル・グループであることがわかった。

関連する記事

Page Top