TOC理論

イスラエルの物理学者エリヤ・ゴールドラット博士が提唱した生産管理・改善のための理論体系で、Theory Of Constraintsの略称である。
基本的なコンセプトは、「生産工程の中にはボトルネックとなる工程があり、それが全体のスループット(生産量)を決定する。最適な生産のためには工程全体のスケジュールをボトルネック工程の能力に合わせ、ボトルネック工程を重点的に改善すべきだ」というものである。また、”制約条件の理論”とも呼ばれる。

関連する記事

Page Top