パズ・セッション

グループ討議方式の一つ。
参加者を数名(3〜7名)のグループに分け、グループごとに数分間討議を行わせ、そこで得られた小グループの結論をグループの代表者が発表する。発表された内容についてクラス全体で討議を行い、最後にクラス全体の結論をまとめる。この方式は大人数の参加者に対しても有効であるとともに、アイデアも出やすくなる。

リクルートマネジメントソリューションズでは、ケースリーディングの全体討議などで使われる手法である。

関連する記事

関連するサービス

Page Top