ワークショップ

本来「作業場」や「工房」を意味する語であるが、今日では「体験型の講座」を指すことが多い。
ワークショップはファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営されることがポピュラーな方法である。ヨガや瞑想、陶芸、映画制作、演劇などの体験セミナー、体で体験する機会にもこの呼称は使われる。

関連する記事

Page Top