ジョブ・ローテーション(Job rotation)

いろいろな職務を計画的に順次経験させることにより、広い知識や全体的・体系的に職務を関連付けて考えられる力を身につけさせようとする、人事管理上の一つの考え方をいう。
主として、幹部養成のために用いられたきた考え方だが、技術者や一般従業員にも適用して、縄張りや派閥を重んじる考え方など組織の硬直化を防ぐのにも役立つ。

関連する記事

Page Top