シナジー効果

相互依存によって各部分の総和よりも大きな力を発揮するという相乗効果のこと。もともとは神経や筋肉の統合力を指す生理学用語だが、経営的には、各プロジェクトが異質な利害関係を持ちながらも、その目的が協調性・相互依存であれば、それらは互いに補完し合い相乗効果をもたらす、という意味で使われる。一般的に、シナジー効果がない多角経営や分業は成功率が低いと言われる。

関連する記事

Page Top