シュチュエーショナル・リーダーシップ理論

ポール・ハーシィとケン・ブランチャードによって提唱されたリーダーシップの条件適応理論のこと。
縦軸を仕事志向、横軸を人間志向の強さとして4象限に分け、それぞれの状況でリーダーシップの有効性(指示決定の指導の強弱、説得・参加型スタイルなど)を高めていくにはどうすれば良いかを示している。
この理論においては部下の成熟度のレベルによって、教示的リーダーシップ・説得的リーダーシップ・参加型リーダーシップ・委任的リーダーシップと結果の分類がなされる。

関連用語

関連する記事

Page Top