CSR

corporate social responsibilityの略称で、日本語では「企業の社会的責任」と一般的に言われる。
商品やサービスの提供、雇用の創出、税金の納付、メセナ活動などが挙げられる。
昨今では、顧客や株主、従業員といった関係の深いステークホルダーのみならず、協力会社や地域住民など、あらゆるステークホルダーに対して、企業の社会的責任をとらえ直すことが求められるようになった。

関連する記事

Page Top