行動科学

人間の行動を科学的に研究し、行動に影響を与えたり、行動を決定したりする要因に関する知識や考え方を体系化しようとする学問のこと。
1950年代にアメリカで使われ始めたもので、その概念内容や研究領域もまだ明確ではないが、近来のマネジメント思想の主流となっている。

リクルートマネジメントソリューションズではLDPやMBCをはじめ、多くの研修が行動科学の理論に基づいて設計されている。

関連する記事

関連するサービス

Page Top