ゲシュタルト心理学

ドイツのマックス・ヴェルトハイマーを中心にして起こった心理学の学派のひとつである。ジークムント・フロイトと異なり、人間の心理現象を要素分解し、原因追及するアプローチをとらない点が特徴で、全体性に光をあてて解明しようとする理論である。クルト・レヴィンの「心理学的場の理論」はこの方法論に影響をうけ発展されたものといわれ、自己成長のトレーニング、人間関係のトレーニングなど、トレーニングの方法にも影響を与えたと言われている。

関連する記事

Page Top