ケース研究

職場で現実に起こった、あるいは将来起こりうる問題をケース(事例)という形で受講者に提示し、これを分析・検討してもらうことで受講者の問題解決能力などを実践的に向上させていくシュミレーション的な研修技法のこと。一般的には、「事例研究(ケース・スタディ)」ともいう。
扱うケースの種類としては、「一般事例」「導入事例」「ハーバード式事例(Case Method)」「インシデント」「経過事例」「行動事例」「インバスケット」の7つがある。

リクルートマネジメントソリューションズでは数多くのプログラムでケース研究が取り上げられている。各商品ごとに、目的や進め方は異なる

関連する記事

関連するサービス

Page Top